静かに燃ゆる守護神ブログ

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

風が吹いている

週末のガンバ戦はテレビで見てただけなので大きな事は言えないですが
ガンバは強かった。かなりお強かった。そして美しい。
なんという流れようなパスワーク。
素晴らしいサッカーをしてました。
アジアを取ってあのままの姿で世界に挑んでもらいたい。

サッカーってのは強い方が必ずしも勝つってわけではないのを
改めて思った次第です。
よく耐えた。耐えて少ないチャンスをものにしての勝利
試合の流れって大事ね。
ヒラヤマの3点目がでかかった。
アレがあったから1点とられても崩れずにすんだと思う。
あとこのゴールはオレが見てたなかでのヒラヤマのベストゴールなんじゃあなかろうかと。
相手をゴール前で背負った状態から反転シュート。
相手ペナルティーエリア内でのあの体躯をいかした力強いキープ
ずっとアレを待ってました。
過去の5人抜きなんて目じゃないくらい良いゴール。

なんか来た。風が吹いている。
上が(ほぼ)総崩れで気がついたら首位に勝ち点差3
1試合分。これを来たと言わずになんというか。
残り3試合という状況で前向きなモチベーションを失わずに戦えるという
素晴らしきこの状況。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

やっとこさ余裕ができて天皇杯

やっとこさ余裕もできてきまして
今週の3連休も堪能する事ができました。
お久しぶりです。なんとも元気です。
ナビスコ決勝はテレビで。
大分が優勝というなんとなくできていた空気みたいなもの通りに
なったと思います。
おめでとうごじます。
ナビスコ決勝というとやはり東京の初タイトルと
あのときの事を思い出さざるを得ないので以下略。
次の日は西が丘で天皇杯4回戦 ヴェルディ vs 広島
西が丘の天皇杯4回戦でヴェルディならば楽勝と思ってたら
満員でした。試合開始ちょいまえについたら立ち見という状態
なんか広島ファンの方が多かったようなスタンド。
その他いろんなチームのグッズがちらほら…。うーん。
確かにこの日の注目試合か。岡ちゃんもいたみたいだし。
西が丘は良いところだし。

広島はやはり良いチーム。J2独走もうなずけます。
どっちがJ2だかわからない試合ぶり。
そこまで崩そうとしなくてもいいだろというくらいパスをつなごうとします。
そこをヴェルディがなんとかしのぐというのが基本展開
J2だとそれで崩せちゃうからついやってしまうんだろなと邪推。
もうちょっと強引に行く事もしないと来年まずいんだろうな。広島。

そして今日の天皇杯。同じような呪縛に今年もはまったのが東京
仙台が次節の広島戦に向けてメンバー落としたのも手伝って
つながるし、行けちゃうから、なんかチームとしてまとまってるように
見えて実はバラバラ。
やはり天皇杯初戦というのは難しい。
宮沢、パス散らすだけじゃなくてもっと積極的にいかないと。
でもロングボールは変わらず良い切れ味。
正直宮沢が退くまでは宮沢中心でゲームみちゃってました。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

お久しぶりです


ここの所、なかなか大変で濃密なお仕事でご無沙汰でした。
もはや誰も見ていないかもしれません。
それもまた仕方がない放置っぷり
えー昨日、西が丘でユースの試合があるという事で
近所はるばる行って参りました。
暑い、ホームランバーを久々に食いましたが、これが世界一んまい!というくらい暑い。こんな中で試合するのはどうなんだ。という暑さ。
実際に試合を分けた要素のでかい部分の1つに暑さというのがあったと思う。

東京、G大阪、広島、桐光学園というかなりヘビーな組に入れられたわけですが
今日の相手は宮本、稲本、大黒、家長、最近では安田等々、説明不要な人達を排出し続けているG大阪ユース。噂の宇佐見君が見られます。
前半はガンバのペース、かなりうまい。しっかりと繋いで崩していくスタイル
繋いで崩せるチームなので当然カウンターなどもしっかりしてるので
簡単にいうと「隙がない。」一言でいうならば「超強い。」もう一言いうならば「しかも巧い。」
先制されたシーンの崩しっぷりなんかはもうどうしようもなかった。
とはいえ東京の方も実はお強いユースチーム
時に鋭いカウンターや逆にペースを取る時間もあったりして
ペースは取られながらも守る事しかさせてもらえないというほどの差は感じない。
先制点取られたのは素直に相手を褒めるべきであって沈むような失点じゃあない。
後半ガンバレ。そんな前半でした。

どちらかというと前半走り回されてたのは東京の方なのに
後半になったら目に見えてガンバユースの足が止まる。
この辺りに最初に出てた暑さってヤツと、地元で試合が出来るチームと遠征してきたチームの差がでたのかもしれません。
ガンバの方には足がつる選手続出で3人交代した後にキーパーまでつってしまって
苦い思い出の試合になってしまったのではないかと。

相手の足が止まったという部分もあったものの東京の後半は素晴らしく
勝負!勝負!という場面ではみんな仕掛けていく姿は見ていて痛快。ステキだよ倉さん。すげー面白い試合でした。行って良かった西が丘。
来週の広島ユース戦も行きたい。でも現時点では行けるかわからない。むー

・噂の宇佐見君、東京DFが非常に頑張ってたのもあって彼のゲームという感じにはなってなかったけど、前半終了間際の仕掛けやトラップ、ロングパス等々、化け物の片鱗を感じさせてくれました。
・ガンバの監督が松波だった。松波と西が丘。我らの世代にはぐっとくる響き。襟は立っていなかった。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

アグエロがきちゃうっていうんで


東京の試合も勿論行ってるんですが、U-23アルゼンチンとの試合に行って参りました。
まあ、何があれですよ。雨天打ち切りという大試合
せっかくの調整の場だったというのに
日本もアルゼンチンもついてない…。
ここで厄払いをしたと前向きにでも考えて

前半はアルゼンチンが探りながらゆったりと攻めるという感じだったのだけど
それにしても一つ一つの精度がとてもよろしくて速い。
なので非常に綺麗。
東京もああいうのやりたいね。できた事ほぼないね…。
これがちょっとだけ見た後半はエンジンかけてきて
スピードも上がるってんだから流石は優勝候補
そんで帰ってから見たけど得点シーンに代表されるあの個人技が
あるわけだからやっぱり優勝候補。恐ろしや。

日本は豊田に当てるのはどうやら難しそうだし
(豊田が悪いんじゃない)
サイドから行っても残念なボールだし
人数かけるのなんて怖いから崩すなんてとんでもない
内田でファウルもらってセットプレイ
これが一番確率高いんじゃないかしら。
本大会も基本格上としかあたらないんだからこれでいいんじゃない?
か、完全に割り切ってガンガン行っちゃうか。
内田と安田の同時期用はかなり怖かったのでどっちになるにしても相棒は長友でお願いしたいです。
梶山のヌルヌルは健在だったのでやはり本番でもみたいです。
豊田の所に鈴木隆行師匠をおけばセットプレイが倍増
なんて一瞬よぎっちゃったのはいやはやどうなのかしらね…。
まったく、よろしくないですよ。

1人じゃなかったというものあるけど、東京の試合でもないしという事で
あんな天気になってしまったので途中で帰宅の途につきました。
願ってもないカードが組めたのにホントもったいない…。
サッカー | permalink | comments(0) | - | pookmark

試練の3連戦とやらは2敗1分け

浦和鹿島G大阪と強いとされている相手との3連戦が終了しました。
結果は2敗1分け
相手にうまい事やられちゃったまま負けた1敗
完全にしてやられちゃった1敗
気分的には負け印象な1分け
んで気がついてみれば半分終わって定位置に戻る。

真ん中の完全に負けたやつ、これはもうしょうがない。
今シーズン2度目の、これはもう相手との差がありすぎてどうしようもないと感じた試合
技術もさることながら試合運びとかそういう面でもすべてに差があった。
霧でほとんど見えなかったりしたのにその辺りをしっかり感じるわけだからこれはもう完全にそうなんだろうと。

このうちの上と下の2つ、
この2つは上手い事やれば勝てた試合ではなかろうか。
そしてこの「上手い事」というのができない。
相手はできる。だから負け(引き分け)た。
これもやっぱり力の差というジャンルに入るモノか。
とはいえコレはなにか絶望的というほどには離されている感覚もなく
次やれば。なんて気持ちにもなろうと。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark