静かに燃ゆる守護神ブログ

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 消えた10000人 | main | これで我らも >>

ノリオの左足が武器になってきた

鹿島 1-2 東京
仕事があるので現地には行けずに恵比寿でテレビ観戦
ギネスを流し込みながら見る東京が、
いつものように低いCBを狙われる所から始まる悪循環ドタバタ劇場
しっかし、進歩しねーな。このチームは。とギネスの勢いもあり、
気持ちも沈みながら見ていると、そこで、
ああ今ちゃん…。と珍しい形からスタートした失点
しっかし伊野波の守備は軽い、綿毛のようだ。と再確認した形での失点
こりゃあ…。とギネスを流しながら軽くへこんだハーフタイム
そしたら後半開始と同時に見違えるような鹿島。あれ?全然動かない。
さすがにあそこまで動かないと東京の動きがよろしくてよ。岡さん。
いわゆる東京のターンが来た。ルーカスドン!ノリオドン!で逆転。
自分達のターンで点を取れたのがでかい。相当でかい。
当然その後は鹿島のターンになるわけですが、
ここ最近のふがいないディフェンスに否応無しに覚醒を促された土肥ちゃん中心に良く守って、最後にイマイチ調子の上がってこないモニを投入して締め。
と思ったらモニ、いきなりのPK献上。なにしとんねん!
でもまあ、あれはPKというのはなんだかなという感じだけどな。
そしたらPK外す訳ですよ。こういうところが致命的にならないモニ輪さん。
やはり何か持っている。こいつは。いいから早く戻してきやがれ。
というよりも次週ナビスコでは今ちゃんが抜けるので
強制的に戻ってくるわけなんでよろしく。
そんなこんなで試合終了。終了後即、ヒロミに「あれPKおかしいっすよ」
ジェスチャー混じりに何か言い訳してる様子をテレビにぶち抜かれるモニ輪さん。
帰りは当然、恵比寿のハーゲンダッツで勝利アイス
男1人の来店ですがなんて事なし。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする