静かに燃ゆる守護神ブログ

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 風が吹いている | main | 静かに暮らしたいのに…。 >>

無気力侍道


PS3の侍道3をプレイする機会をいただきました。
ありがとうございます。

3とあるので基本3作目なんだと思いますが
プレイをするのは始めて
どうやらストーリー的な続きはないようなので一安心
このご時世でPS3オンリーで出すオリジナルという男前なゲーム
まさに侍と言って良いソフト。
すいません。ゴメンナサイもう言いません。
予備知識無し。

キャラメイクをしてさあ来いよとスタート。
んが、オープニング後ポイッと
オープンっぽいマップに放り出される。
「こ、これは何でもできるのがステキ、何をしていいかわからない。の2択ゲー
最初の村を出たところでわかりやすく絡まれている村娘。
ここはとりあえず助けてみる。
そしたらこの村娘、助けてくれたお礼にと、
このゲームは自由度がありすぎるので私が手ほどきをしてあげる。ウッフン。ですって。
こんな時は何ボタンを押して、とか操作方法とかを
ゲームの世界観の中で生きているキャラに
手ほどきされるのが非常にダメなんす…。
「この人とは縁がなかったという事で」
とあっさり切り替え。プレイ続行。GO!

オレ侍をどうしようかとしばし悩んだ結果
<もう闘いは嫌だよぉ、オレの事はほおって置いてくれ、
なんだけどちょっと情に脆い部分を垣間見せ侍>
設定で行く事にいたしました。
「興味がない」「見なかった事にする」等のニュアンスな
イベントに巻き込まれなさそうな選択肢がある場合はそれを選択
それがない場合には義理人情優先
「武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり」は全く連想されない無気力オレ侍
さあ、頑張って(?)行きましょう。
続きはある、のか?
ゲーム | permalink | comments(0) | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする