静かに燃ゆる守護神ブログ

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

風が吹いている

週末のガンバ戦はテレビで見てただけなので大きな事は言えないですが
ガンバは強かった。かなりお強かった。そして美しい。
なんという流れようなパスワーク。
素晴らしいサッカーをしてました。
アジアを取ってあのままの姿で世界に挑んでもらいたい。

サッカーってのは強い方が必ずしも勝つってわけではないのを
改めて思った次第です。
よく耐えた。耐えて少ないチャンスをものにしての勝利
試合の流れって大事ね。
ヒラヤマの3点目がでかかった。
アレがあったから1点とられても崩れずにすんだと思う。
あとこのゴールはオレが見てたなかでのヒラヤマのベストゴールなんじゃあなかろうかと。
相手をゴール前で背負った状態から反転シュート。
相手ペナルティーエリア内でのあの体躯をいかした力強いキープ
ずっとアレを待ってました。
過去の5人抜きなんて目じゃないくらい良いゴール。

なんか来た。風が吹いている。
上が(ほぼ)総崩れで気がついたら首位に勝ち点差3
1試合分。これを来たと言わずになんというか。
残り3試合という状況で前向きなモチベーションを失わずに戦えるという
素晴らしきこの状況。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

やっとこさ余裕ができて天皇杯

やっとこさ余裕もできてきまして
今週の3連休も堪能する事ができました。
お久しぶりです。なんとも元気です。
ナビスコ決勝はテレビで。
大分が優勝というなんとなくできていた空気みたいなもの通りに
なったと思います。
おめでとうごじます。
ナビスコ決勝というとやはり東京の初タイトルと
あのときの事を思い出さざるを得ないので以下略。
次の日は西が丘で天皇杯4回戦 ヴェルディ vs 広島
西が丘の天皇杯4回戦でヴェルディならば楽勝と思ってたら
満員でした。試合開始ちょいまえについたら立ち見という状態
なんか広島ファンの方が多かったようなスタンド。
その他いろんなチームのグッズがちらほら…。うーん。
確かにこの日の注目試合か。岡ちゃんもいたみたいだし。
西が丘は良いところだし。

広島はやはり良いチーム。J2独走もうなずけます。
どっちがJ2だかわからない試合ぶり。
そこまで崩そうとしなくてもいいだろというくらいパスをつなごうとします。
そこをヴェルディがなんとかしのぐというのが基本展開
J2だとそれで崩せちゃうからついやってしまうんだろなと邪推。
もうちょっと強引に行く事もしないと来年まずいんだろうな。広島。

そして今日の天皇杯。同じような呪縛に今年もはまったのが東京
仙台が次節の広島戦に向けてメンバー落としたのも手伝って
つながるし、行けちゃうから、なんかチームとしてまとまってるように
見えて実はバラバラ。
やはり天皇杯初戦というのは難しい。
宮沢、パス散らすだけじゃなくてもっと積極的にいかないと。
でもロングボールは変わらず良い切れ味。
正直宮沢が退くまでは宮沢中心でゲームみちゃってました。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

お久しぶりです


ここの所、なかなか大変で濃密なお仕事でご無沙汰でした。
もはや誰も見ていないかもしれません。
それもまた仕方がない放置っぷり
えー昨日、西が丘でユースの試合があるという事で
近所はるばる行って参りました。
暑い、ホームランバーを久々に食いましたが、これが世界一んまい!というくらい暑い。こんな中で試合するのはどうなんだ。という暑さ。
実際に試合を分けた要素のでかい部分の1つに暑さというのがあったと思う。

東京、G大阪、広島、桐光学園というかなりヘビーな組に入れられたわけですが
今日の相手は宮本、稲本、大黒、家長、最近では安田等々、説明不要な人達を排出し続けているG大阪ユース。噂の宇佐見君が見られます。
前半はガンバのペース、かなりうまい。しっかりと繋いで崩していくスタイル
繋いで崩せるチームなので当然カウンターなどもしっかりしてるので
簡単にいうと「隙がない。」一言でいうならば「超強い。」もう一言いうならば「しかも巧い。」
先制されたシーンの崩しっぷりなんかはもうどうしようもなかった。
とはいえ東京の方も実はお強いユースチーム
時に鋭いカウンターや逆にペースを取る時間もあったりして
ペースは取られながらも守る事しかさせてもらえないというほどの差は感じない。
先制点取られたのは素直に相手を褒めるべきであって沈むような失点じゃあない。
後半ガンバレ。そんな前半でした。

どちらかというと前半走り回されてたのは東京の方なのに
後半になったら目に見えてガンバユースの足が止まる。
この辺りに最初に出てた暑さってヤツと、地元で試合が出来るチームと遠征してきたチームの差がでたのかもしれません。
ガンバの方には足がつる選手続出で3人交代した後にキーパーまでつってしまって
苦い思い出の試合になってしまったのではないかと。

相手の足が止まったという部分もあったものの東京の後半は素晴らしく
勝負!勝負!という場面ではみんな仕掛けていく姿は見ていて痛快。ステキだよ倉さん。すげー面白い試合でした。行って良かった西が丘。
来週の広島ユース戦も行きたい。でも現時点では行けるかわからない。むー

・噂の宇佐見君、東京DFが非常に頑張ってたのもあって彼のゲームという感じにはなってなかったけど、前半終了間際の仕掛けやトラップ、ロングパス等々、化け物の片鱗を感じさせてくれました。
・ガンバの監督が松波だった。松波と西が丘。我らの世代にはぐっとくる響き。襟は立っていなかった。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

試練の3連戦とやらは2敗1分け

浦和鹿島G大阪と強いとされている相手との3連戦が終了しました。
結果は2敗1分け
相手にうまい事やられちゃったまま負けた1敗
完全にしてやられちゃった1敗
気分的には負け印象な1分け
んで気がついてみれば半分終わって定位置に戻る。

真ん中の完全に負けたやつ、これはもうしょうがない。
今シーズン2度目の、これはもう相手との差がありすぎてどうしようもないと感じた試合
技術もさることながら試合運びとかそういう面でもすべてに差があった。
霧でほとんど見えなかったりしたのにその辺りをしっかり感じるわけだからこれはもう完全にそうなんだろうと。

このうちの上と下の2つ、
この2つは上手い事やれば勝てた試合ではなかろうか。
そしてこの「上手い事」というのができない。
相手はできる。だから負け(引き分け)た。
これもやっぱり力の差というジャンルに入るモノか。
とはいえコレはなにか絶望的というほどには離されている感覚もなく
次やれば。なんて気持ちにもなろうと。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

ダレダレなガンバ戦

こんばんは、先週今週とかなり忙しくて浦和戦もいったし鹿嶋戦も行ったのですが書く事もできず、

特に鹿嶋戦なんかは一言いえば完敗でした。
帰りのバスの暗い事暗い事。
といっても深い霧で半分くらいから向こうは何やってるかよくわからなかったんですがね。
どうなってるの?なんか向こうの歓声レベルが大幅に上がったから入ったんじゃね?
大げさでは無くこんな感じでした。

今日は国立でガンバ戦
なんというかダレダレで謎々な試合でした。
熱いし日曜に試合やったばかりだから当然動けない選手続出な中で
最初から決めてたから交代しました。
としか思えない「そこ?」な交代が2つあったと思いきや
最終的に交代枠余らすし…。
向こうは向こうで後半開始時に途中交代で入った選手を交代させるし
(ケガという感じには見えなかったがどうなんだろう)
なぜ27000人も来てるのかわからんし
オレの知ってるルーカスはああいう簡単そうなのは
ゴール決めないのに決めるし
試合開始頃に近くで何かイベント?な花火が上がるし
まったくもって謎だらけの試合でありました。
こういう日はさっさと寝ましょう。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

再開おめでとうありがとう


やっとJが再開という事なのですが、あいにくの雨。
残念な事この上ありません。
試合の方は前半の7分に今野が一発レッドで退場という予期せぬ展開であり
波乱含みの展開でスタート
それでも千葉が攻勢に出てこないのでなんか普通に試合を続けていた前半
事実、前半30分くらいまで一発レッドだと思ってなく、ふと見た電光掲示板で今野の文字が消えていたのを見て気がついた。1人少ないのかよ!と。
塩田にイエローが出たモノだと思ってました。
そんなこんなで最終的には1-1のドローだったわけなんですがやっぱり楽しい。
再開おめでとう。ありがとうですよ。
次は水曜ナビスコ大分、土曜にリーグ浦和、そのまた次の日曜に鹿島、んで水曜にG大阪
いやー正念場、楽しいねぇ。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

次はまたすぐきちゃうのよ


名古屋に押されている前半に長友が負傷
治療中はピッチもスタンドも明らかに心ここにあらずな様子
そんな中で失点。10人だったというよりは
明らかに集中を欠いていた
加えて梶山の不在に徳永が徳永…。なデキ
しょうがないんでカボレ小作戦でGETしたダイブとは思わないけど
ファウルとも思わないありがたーいPKを外し
無理矢理ひねり出した決定的場面も相手の好守に阻まれる
うーん、これは負けるな。
こういう試合を引き分けに持って行く強さがあれば
なんとももったいないというか、
ちょっと足りないといったら足りないんだっつーのと
試合の流れとやらがこれでもかと教えてくださいました。
そんなに念を押さなくても…。

ちょっと流れに乗れてなかったけど羽生も帰ってきた
そこは大竹に蹴らしてやってくれないか?な石川も帰ってきた
PKを豪快にポストにぶち当てた祐介も帰ってきた
次は累積消化した梶山も出場可能
連敗は避けましょう避けましょう。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

気がつけば明日は試合


大宮戦でございます。
東京的には改修されてNACK5スタジアム初という事で
ピッチ近っ!こういう所は日立台同様に非常に貴重、いいね。アクセス以外は。
んで試合なんですが、お互いのスタイルがショートショートでつなぐスタイルで
細かいパスの応酬と予想する向きが非常に多かったわけですが
予想に反して東京は省エネスタイル
というよりもラブリーを全開にする前に2点取れちゃったので省エネになったのかなぁと。
大宮は噂に違わぬ、パスを短く短くつないでくるチーム
試合中はほぼ大宮がボールを持っていたモノのしっかりとしたディフェンス
シュートシーンでもしっかり体を寄せていたり
コースを塞いでいたりしてと破綻せず。
この状況で塩田が止められないならばもうそれはシュートを褒めるしかない。という形
やば!と思ったのはサイドからの緩いグラウンダーを反転シュートされた場面だけだったかな。
90分間そんな状況で、そして結果が完封クリーンシート
さらにカウンターからしっかり3点目を取るという申し分のない内容
梶山のゆりかごゴールにカボレもゴール、近藤祐介も帰ってきてと
勝利アイスもそりゃあんまい。
ヒラヤマだけがね…。
ゴール裏もちょっと限界近い雰囲気が出てきてた…。
祐介が帰ってきて、気がつけば明日となった次の試合は石川に羽生も帰ってくる気配あり
そしてさらにはエメルソンもそろそろと
ゴール裏どころかベンチ枠にも限界が来てますよ。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

なんとなくやってた試合その2


清水戦に続いてなんとなくやっちゃったこの試合
違ったのはそれでも勝っちゃったって事
ラブリーとは言い難い内容でそれでも勝ったという事
目指しているのはラブリーだけど、それが噛み合わない日もあれば
相手に消されるという日もあるだろうと。
そうした日でも勝てたというのが大きい。
大分は、というかシャムスカはあの戦力で今の勝ち点、すげぇな。
正直千葉と併走していてもおかしく無いんじゃないかと思ったほどなのに。

かなり荒っぽく来るとは噂されていましたが、
噂に違わぬハードチェック、これは仕方の無い事かなと。
大分的には連勝と意気込んできた中で怪我人は出すは退場者は2人も出すは
内容も無いで最悪だったんじゃないかと。
シーズン終了後に今期を振り返った場合の最悪ゲームNO1にナル可能性大
じゃないかと勝手に思ってみる

カボレは怪我しないで試合終了までいられるか心配で心配で。
もうちょっと自分が自分がというのを出してもいいと思うです。はい。

特に見所の無い試合だったなぁ、
でもそんな試合で勝ち点3をぶんどったのはでかいねぇと思い返していたら
最大の見所は次の日に沸いて出てきたよ。
言えないだろ、仕事中、取引相手に向かってそんな事…。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark

新幹線ならすぐなんだけど…。

アウェイの清水戦、この辺りの距離から行けるか行けないかを思う今日この頃
一昔前なら行くか行かないかを形式上は悩んだもの
だったのですが、まあこれも仕方の無い事か
行けるか行けないかに関しては新幹線という単語が絡んでくると
ちょっと難易度があがります。
そして最終的にたどり着いた先は恵比寿
スカパーには入っていないのでここでおとなしく観戦。
なんといか、なんとなく試合に入ってしまって
なんとなくの間に負けたという所か。
やっぱり巡り合わせが良かった感バリバリとはいえ
代表という肩書きの選手が増えてくると
相手に対策を練ってこられてしまうのね。
それを打ち破る力というのはこの日に関してはなかったと。
GWですぐ試合がくるので次に備えた方が良いのだと思います。
FC東京 | permalink | comments(0) | - | pookmark